読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンタナ日記

外国かぶれのガイジ陰キャキモオタが己の欲望と気持ち悪い趣味について語ったり無い脳みそを使って和訳したりするブログ

自由ちゃんのエロ小説

〜鷲は自由に飛ぶ〜







f:id:yuukamontana:20160822033745j:image













「むむむ…やっぱり様子がおかしいですわ!」
「ひ、姫殿、大声を出すと気づかれますぞ!ここは少し落ち着いて…」
「落ち着いてなどいられませんわ!あのような場面を目の当たりにして!」
ある日の午後、私立グリモワール学園の生徒寮への道中、ある2人組を尾けている怪しい人影が2つあった。
彼女達の名前は野薔薇姫と支倉刀子。御三家の中の「軍事の野薔薇」と呼ばれる野薔薇家の令嬢、そしてそれに護衛役として仕える支倉家の娘である。彼女達が尾けているのは野薔薇家のメイド、小鳥遊自由と"転校生"と呼ばれる男だった。

「姫殿の気持ちもわかりますが、ここは抑えて…しかし転校生め、自由に何か変な事をしてないだろうな…」
転校生は、他の生徒からの信頼はかなり強かった。紳士的な対応、甚大な魔力。姫や刀子も彼がどういう人物なのかよく知っていたし、信用も厚かった。姫は将来の伴侶として転校生に訓練をさせるほどで、刀子も口にはあまり出さなかったが、内心では彼を認めていた。そんな彼女達を疑わせるとは、何があったのか?

時は十数分前に遡る。学園にあるバラ園で、転校生は自由を探していた。
「あれ?先輩。どうしたんすか?こんなところで。お嬢に用っすか?」バラ園の掃除をサボり、椅子に座ってゲームをしていた自由は彼に気づく。
「お嬢じゃなくて自分?…あ」
自由は彼の目的に気づき、顔を赤らめる。転校生は何も言わずに歩き出すと、自由もそれに少し遅れて続く。

…というのを、野暮用で出かけていた姫と刀子は目撃した。自由と転校生が2人で出かけるのは珍しい事ではない。しかし、自由の素振りが異常だった。彼女は恥ずかしがりなタイプではないし、転校生に懐いている。赤面して黙って着いて行くというのはのは変だった。

転校生が自由に何かしたのではないか?自由はもしかして彼に弱みを握られていて、何か強要させられてるのでは?姫は自由が転校生に恋心を抱いているのをなんとなく知っていた。だから自由は転校生に何かを強要されても断りきれないのでは?と思った。また刀子も、転校生と自由が温泉で混浴したのを知っていた。もしやその時何か変な事をされて、そのまま言いなりになってしまっているのではないか?と思っていた。1度疑いがかかると、今までのどんな行動も何故か怪しく思えてくる。そうして彼女達は転校生達を尾行し始めた。


自由と転校生は寮に着くと、一言が二言話してから、女子寮に入っていった。そうしてもちろん、自由の部屋に向かった。
「あ、と、刀子!転校生さんが自由の部屋に入って行きましたよ!」
寮の通路の角から顔を出して覗いていた姫がそう言うと、刀子も続いて顔を出す。
「うぅ…部屋の中となると何が起こっているのか調べづらいですぞ…」
「仕方ありませんわね…とりあえずドアの前で中の音を聴いてみましょう。」
そう言うと、彼女達は部屋のドア前まで移動し、耳を澄ました。
しかし、少しの物音の後聞こえてきたのは、耳を澄ます必要もないほど、大きい自由の歌声だった。




「People are in big confusion
they don't like their constitutions
everyday they draw conclusions
and they're still prepared for war

Some can say what's ineffective
some make up themselves attractive
build up things they call protective
well your life seems quite bizarre

In the sky a mighty eagle
doesn't care 'bout what's illegal
on its wings the rainbow's light
it's flying to eternity

Eagle fly free
let people see
just make it your own way
leave time behind
follow the sign
together we'll fly someday

Hey, we think so supersonic
and we make our bombs atomic
or the better quite neutronic
but the poor don't see a dime

Nowadays the air's polluted
ancient people persecuted
that's what mankind contributed
to create a better time

In the sky a mighty eagle
doesn't care 'bout what's illegal
on its wings the rainbow's light
it's flying to eternity

Eagle fly free
let people see
just make it your own way
leave time behind
follow the sign
together we'll fly someday」




人々は大混乱の中にいる
彼らは彼らの憲法が好きじゃないんだ
毎日結論を出し、
そしてまだ彼らは戦争に備えている


誰かは何が虚しいかを語り
誰かは彼ら自身を魅力的に仕立て上げ
保護という名の物事を作り上げる
ああ、お前の人生はかなり妙だな


空の中で強大な鷲は
何が違法なのかなんて気にしない
虹の光を羽から放ち
永遠へ向けて飛んでゆく


鷲は自由に飛ぶ
人々に見せろ
お前だけの道を作れ
過ぎた過去は置いて行け
目印に従い
いつか一緒に空を飛ぼう



なあ、俺たちは音速のように速く考えすぎるな
さらに爆弾も原子にできちまう
いや、もっといい中性子だってできる
だが貧乏人は10セントすら見えないんだ


最近は空も汚染されちまった
古代の人々は迫害され
そうやって人間は貢献してきた
いい時代を作るために



空の中で強大な鷲は
何が違法なのかなんて気にしない
虹の光を羽から放ち
永遠へ向けて飛んでゆく


鷲は自由に飛ぶ
人々に見せろ
お前だけの道を作れ
過ぎた過去は置いて行け
目印に従い
いつか一緒に空を飛ぼう





f:id:yuukamontana:20160822042434p:image








f:id:yuukamontana:20160822042219p:image

小説パートは書いてて死にたくなりました
語彙力が無さすぎるし書いてて恥ずかしいよ
ウーーーーーーーーーム









リクエストのあったHelloweenのEagle Fly Freeです
自由ちゃんのエロ小説もやれって言われてたので同時にやったら書くのに2時間ぐらい使いました    死


精神的にも肉体的にも疲れたんで今日はここまでです
英語ならなんでも訳せるわけじゃないから全部やれるとは言えないけどやってほしい曲リクエストはドシドシ応募していいです   ネタになるので僕としては大歓迎です

多分次はSaints in hellかFreedomでもやろうと思います。
それでは







f:id:yuukamontana:20160822042823j:image
PEACE DA FUCK OUT!!